ガンダム

MGズゴックのつや消し完了

Ca3a0404 とりあえず、つや消し完了。外したゴムパーツ付けるの忘れてます。。。
問題はパステルシャドーをするかどうか。いずれします。多分。

Ca3a0406
特にえんじ色の部分はシャドーは必須ですね。そのあとのつや消しもまた面倒だ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MGシャア専用ズゴック素組み完成

Ca3a0293_2素組みは完成しました。しかし。秀逸なデザインのせいか、刷り込まれた記憶のせいか、このままでも十分かっこいい機体ですな。いつもは完成時とのギャップ萌えのために素組み時の写真は野暮ったくなるように撮るのですが、今回はポーズをつけてみました。しかも照明つきで。

Ca3a0294_2 モノアイは納得がいかないので、完成前に変えます。Hモノアイを買うか、今の透明プラにクリアーピンクを塗るかですな。
3本爪にしました。素組みなんでプラスチック特有のテカリはありますが、案外これはこれでいいかも。爪なんかは逆にツヤ有りのクリアーでもふいてみようかな。

Ca3a0295_2素組みですが、後から作業が楽になるように、爪の付け根中心のメガ粒子砲をメタブルーで、足の裏のビス風の部分をシルバーでちょいちょいと塗ってあります。ガンダムマーカーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンプラ30周年 MGシャアズゴ

Ca3a0289 昨年ガンダム生誕30周年に沸いた日本ですが、今年はガンプラ生誕30周年、ちなみにとんねるず結成30周年とドラえもんの映画30周年であります。

さて、現在MG「シャア専用ズゴック」を製作中。写真のように上半身、腰、足の甲から下は出来ました。4本爪で作っていましたが、本編を見ていると、3本爪の機体しか出てこないので、3本爪版(この製品は部品差し替えで3,4本の両方が再現可能)にやり直しました。バラすのが結構大変。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンプラ棚の改修

Ca3a0149 以前こんな形でひとまず完成した棚ですが、前面のアクリル板の開閉がスライド式で、実に重たく、しかも傷は付くわ汚れるわでいいことなし。
しかも植え込んだネジの上に4隅で乗っているという状態だったので、蝶番を付け、楽に開閉できるように改修しました。
しかし、実際その作業に入ると、棚自体に歪みがあり、うまくアクリルの扉部分と棚本体が合致してくれません。
棚の歪みを矯正するために、背面に張ってあったポリカの透明版は外してしまいました。これで背面からのホコリの侵入が起こると思うので、また改修ということになるでしょう・・・。

Ca3a0233 こんな感じになりました。アクリル板に角材を取り付け、それを蝶番で棚に取り付けています。下側の扉にはまだ本体とのズレがあります。これはおそらく蝶番の固定をいじれば改善されるはずです。まぁ、どうでもいいですこの程度。
自動車や戦車がおいてある棚にはいずれ増えるMGを置く予定。増えるのか?
しかし、元々あった棚の廃材をベースに改修に次ぐ改修で、いたるところに過去のネジ穴が沢山残っています。

Ca3a0234 蝶番の逆側は「これ」で固定。
過去のネジ穴、失敗のネジ穴が散見されます・・・。
パテで埋めていく予定です。多分、色は合わないですね。
「これ」も付ける位置が難しいですねぇ・・・。

Ca3a0231

棚下部の照明(イケアで電球別で1個99円)を点灯した様子。

左右の照明で挟むといい雰囲気ですな。

Ca3a0232

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャアゲルをちょっと改装

Ca3a0220 バーニア部分が実に適当だったため、少し手を加えることにしました。
見えにくい部分ということで、バリ取りもかなり適当な感じでした。
ここにメタリック系のガンダムマーカーでちょちょいと色をつける作業です。
こんなことで多少でも見栄えが良くなればこれ幸い。

Ca3a0222 こんな感じにしました。色むらが出ていますが、見えにくい部分ということでかなり適当な感じです。結局こうなってしまいますな・・・。
バーニアの内部というのかな、エネルギーが放出される部分はペン先が届く範囲だけメタブルーで塗装。
実に適当だ・・・。

Ca3a0224 ちらりと見えます。レッドのバーニア。ここの他に、腕の付け根のジャバラと肩先のとがった部分の側面の排気口(なのか?)にシルバーをちょちょいと塗装。とりあえずこれで終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カップヌードルにガンプラ 4

Ca3a0183 シャアザクが完成しました。トップコート後パステルシャドー。小さすぎてシャドーというよりウェザリングに・・・。
合わせ目が酷いですね。MGでも消したこと無いですけど。スパイクの中は空洞を表現するため、ブラックの墨入れペンで黒くしてあります。足首も同様です。

Ca3a0185 MGでもしたことのない、見えることの無い足の裏にも凝ってみました。
中央にメタレッド、墨入れとシャドーを施しました。
MGではポーズ次第で見える足の裏も、このキットでは全くの無意味ですな。

Ca3a0187リアビュー。折れたランドセルを瞬着でつけました。白化しました・・・。写真では逆側になります。
背中のマフラー(?)空を飛ぶときに光が出るところにメタブルーで塗装。見えないでしょうか。
ひじの塗装がうまくのっていないですね。
墨入れペングレー+パステルです。ひざ、左手指もボディー同色のピンクだったので、同様に施しました。
シールド部分に余っているデカールでも貼ったら締まったかも。後のフェスティバルですが。
Ca3a0189
ガンダムと仲良く。
やはりシャアザクの顔面中央に合わせ目は無いでしょう・・・。頭部は一体型で、アンテナだけ付ける形がいいと思うんですが。大きさ的に無理はないし。




Ca3a0168

素組みの状態はこうでした。
明らかな変化をしたといっていいでしょう。格好良くなったといっていいでしょう。ずいぶん手間かかりましたけどね。






Ca3a0190 MGと一緒に。比べてみると・・・小っちゃ!上段にはハイコンプロ。ハイコンプロが1/200、MGが1/100。これは・・・なかなかいい並びだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カップヌードルにガンプラ 3

Ca3a0179 カップヌードルについているガンプラ「シャア専用ザク」に墨入れをしました。ランドセル下部のパーツをポキッと折ってしまいました。ちゃんちゃん。
妙にテカッてますが、つや消しを吹くので、テカリは消えると思います。
このキットは組むと左右のズレがひどいです。特に頭部。後頭部の動力パイプがくっつく所の段差は酷い。顔のセンターに合わせ目があるのもちょっとね・・・。同シリーズのガンダム同様、プロポーションがいいので残念です。

Ca3a0180 奥のランドセル下部が折れて欠損。瞬着でなんとかします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カップヌードルにガンプラ その2

Ca3a0173 とりあえず彩色とシャドー。トッピコートでつや消し。胸の黄色を忘れるというミスを犯しました。ガンダムマーカーの黄色があれば楽に塗れるでしょう。鎖骨や腰の黄色はパステルなんで、手直しできるし。赤の部分はメタレッドなんで、普通の赤があればもっとうまく出来たと思います。もう元気がないので完成です。シャアザクは娘が欲しいみたいなので、素組みで終わります。

Ca3a0174 素組みの安っぽさから考えたら多少はましになった・・・?これをモデラーの方が完璧に仕上げたらどうなるんだろう。投稿サイトを覗いてみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カップヌードルにガンプラ

Ca3a0163_2 最近、カップヌードルにガンプラがついています。着色済みとしては過去最小のモデルだとか。

シャアザクとガンダムを購入。ドムとあとひとつ何やったか忘れたが、全4種みたいです。

Ca3a0164

中身。カップヌードルに合わせ丸いランナー。これは新鮮。

説明書は見なくていい程度のキットです。説明書の応募券2枚を送ると、抽選でカップヌードルオリジナルのMG ガンダムが1000名に当たります。とんでもなくかっこいいです。スジ彫りの多さからして、ベースはver2.0ではなく、ver.one year war 0079のようです。

Ca3a0169_2完成!色がすくなーい。ガンダムより元々ディティールの荒いザクの方が素組みでもある程度の雰囲気が出てます。

ガンダムは3色使いながら、胸部は青単色、腰部は白と結構いい加減。シンボルの盾には赤が欲しかったですねぇ。

Ca3a0171 意外に細かくて苦労しましたが、墨入れをしてみました。正気ですか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MGガンダムエクシア イグニッションモード完成

Ca3a0159エクシアが出来ました。壊れた状態「リペア」はまだ未製作。作ってみたら大して格好良くはないな・・・。

まぁこんなものかという感じに終わりました。リペアの方が格好良く仕上がるかもしれません。いかにも今のガンダムらしい12頭身フォルムが多少壊れて、オジサン好みに変化するかも(笑)

作っている時に薄々と感じておりましたが、細かいパーツの多いこと!ザクと見比べると良く分かります。

Ca3a0160リアのゴテゴテ感は大好き。持てる物はみんな持たせます。メッキパーツのバリ部分にメッキシルバーを・・・と思ったらお店で売り切れ。あえなく放置。足首やシールド内側のいくつかにガンダムマーカーのメタリック系塗料を塗ってみました。まぁ自己満ということで・・・。

頭部の角やアゴの赤いパーツといった目立つところに限らず、エクシアも足首や胸部の黄色や、腰の赤など所々ファーストに似せてあるんですね。主役が「ガンダム」と名乗るにはそれなりの資質が必要ということですか。Ca3a0161 Ca3a0162

LEDで発光するGNドライヴを点灯させたところ。ケースに入れてしまえば点けることもないでしょう・・・あぁ、電池抜くの忘れている・・・。ま、いいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)