アニメ・コミック

ハートキャッチプリキュア!が2月から放送開始!

現在放送中の「フレッシュ プリキュア!」の放送終了後、新番組「ハートキャッチプリキュア!」が放送されることが発表されました。シリーズ7作目という人気シリーズ。うちの娘の大好物です。

主役の声優を、カリスマ声優で歌手としても活躍し、なんと昨年の紅白歌合戦にも出場したという水樹奈々さんが担当するということで、オタクたちにも注目されているようですね。別に悪いことじゃないさ。

この「ハートキャッチプリキュア!」は絵の雰囲気が前作までの傾向とは少し違いますね。ただ、変身前の姿を見ていないので、それがどういう感じなのか気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥山明と桂正和が共作!

なんか今まで考えもしなかったことですが、「ドラゴンボール」「Dr.スランプ」「ブルードラゴン」で知られる「超」がつくほどの偉大な漫画家の鳥山明さんが原作で、「ウイングマン」「電影少女」「DNA2」の作者の桂正和さん作画を担当するのマンガ「JIYA(ジヤ)」が10日発売の「週刊ヤングジャンプ2・3合併号」から3回にわたり連載されることが明らかになりました。

鳥山さんと桂さんは、08年月刊誌「ジャンプスクエア」にて、「さちえちゃん グー!!」というマンガを掲載しています。この時は作画を二人でしていたようですが、今回は原作が鳥山さん作画が桂さんと担当を分けているみたいですね。

大昔にトキワ荘というアパートで漫画家たちが共に刺激しあってマンガを描いていたという、逸話はありますが、売れっ子作家が共作とは贅沢すぎる話ですなぁ。なんかゲームメーカーのエニックスとスクウェアが合併したときの感じに似てる・・・。

思い切って原作に鳥山明×作画に漫☆画太郎とか・・・いい仕事しそうですが・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次回最終回「機動戦士ガンダム00セカンドシーズン」

週に一度のお楽しみ「ガンダム00」が3/29(日)ついに最終回を迎えます。ティエリアって死んだの?ミスター武士道ことグラハム・エーカーは最終回でどう戦闘に絡むのか?0ガンダムって何しに出てきたの・・・?あのまま放置して終わり?やっぱり最後はマリナ・イスマイールと子供たちの歌ですか?刹那がリボンズを倒してもソレスタル・ビーイングは連邦正規軍と戦闘ですか?沙慈とルイスはもう幸せにしてあげて・・・スミルノフの息子はあのまま生きながらえるのか・・・ここまで戦争批判が続くとアレルヤの出番なし?

様々な思いが頭をめぐりますが、やはり0ガンダム・・・ファーストのガンダム、RX78-2そっくりのフォルムで仰々しく出てきた割に・・・普通にラッセが搭乗し、粒子エネルギー切れで放置・・・このストーリーには関係ないっぷりはいただけない・・・。最終回では改心したグラハムが放置された0ガンダムに乗り、刹那と共にリボンズに挑む・・・!そうでないと・・・オールドファンを喜ばせるだけのゴキゲン鳥でしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハマりました 黒塚-KUROZUKA-

KUROZUKA-黒塚 1 (1) (ジャンプコミックスデラックス) 先月のこと、なんの気なしに「アニマックス」にチャンネルを合わしたら、アニメ「黒塚-KUROZUKA-」の第1話が始るところでした。全く知らない作品でしたが、OPのマキシマムザホルモンの曲や、映像が格好良く、見ているとその魅力にハマりました。映像的には血がドバーやら首ちょんぱやらエグいシーンが連発ですが、キャラクターに魅力がありますねぇ。

兄、源頼朝に追われる源九郎義経とその従者武蔵坊弁慶は、奥州平泉へ逃れる中、山中に一人で住む女性「黒蜜」の家に一晩の宿を請います。若く美しい黒蜜は実は里へ下りては人をさらい、その血を吸う鬼女だった・・・。そして永遠に歳をとらず死なぬ体を持っていた。兄に追われる九郎義経と永遠の命の謎を狙われる黒蜜・・・。

原作がコミックだということを知り、古書店で全10巻をまとめて2000円で買ってきました。絵の感じはアニメとはずいぶん違いますね。アニメから入った私は少し抵抗がありましたが、読むにつれ、原作の面白さにもハマっていきました。静止画なのにエグさはアニメ以上のものがある。「無限の住人」もそうですが、構図が個性的で迫力がありますね。ストーリーもコミックとアニメでは多少(というか大分)違いがあるし、キャラクターの設定も違う。アニメではカルタやライは普通の人間ですが、コミックではかなーり強い。主人公クロウもアニメでは硬派なのに、コミックではかなり凶暴で・・・。役割や所属する組織も違ったりする。コミック版は終盤、壮大な真実が明かされます。アニメ版はエンドレスな感じで、黒塚らしいけだるい終わり方をします(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HGガンダムエクシア メタリックバージョン完成(素組み)

Ca3a0007 形としては完成しました。ガンプラEXPO限定、ガンダムエクシア メタリックバージョン。ファースト(RX78-2)と比べると、かなりのモデル体型に進化しております。ただ、作品的にはファーストガンダムよりも昔の時代のお話ですが。

で、メタリック剥げの部分(バリ取った跡)とかはガンダムマーカーで直そうとか、思ったりもしています。でも多分しない・・・性格です。メタリックだからスミ入れも必要ないかな。よく分からん。素人なんで。つや消しトップコートはなおさらいらない。じゃあ完成ですね。完成しました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンプラEXPO限定 HG ガンダムエクシア メタリックバージョン

Pa0_0074 作り始めました。ガンプラEXPO限定 HG ガンダムエクシア メタリックバージョン!メタリック部分のバリを取ると普通の成形色が・・・アリなの?どうなの?バンダイさん?しかし、HGはディティールはMGに比べて細かくはないですけど、物が小さい分細かい部品がありますね・・・。おっさんの手では滑ったり、力が入らなかったり・・・。

Pa0_0073 クリックでやや拡大します。今日はここまで!疲れた!ここまで1時間半くらい!?結構時間を費やしました。。。昔のガンダムと比べて、機械的に細かくデザインされているので、小さくても見栄えがありますね。今のところ脚部は未完成。ジオングのようです。スカートまで作ればまさにジオング(?)

Pa0_0075 クリックでやや拡大します。以前作ったRX-78-2ガンダムのMGとEXPO限定クリアカラーHGです。やはりスケールの差は歴然。MGは1/100。HGは1/144です。こういうことを言うと、理解のない人に「元々存在しない物に1/100とか意味ない!」と言われそうですな(笑)いいじゃん夢があって(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「機動戦士ガンダム00」セカンドシーズン開始!

11月5日から「機動戦士ガンダム00」のセカンドシーズンの放送がスタートしました。初めてガンダムの放送を待ち焦がれた作品です!前作より4年(作中の時間ね)が経ち、各キャラクターが成長した姿を見せております。前作ではテロ、戦争の被害者でしかなかったルイスや沙慈(これは斬新なアプローチでした)が直接争いに関わるようになったり、各キャラクターの立場も微妙に変わったりしている中、気になる人が出ていました。仮面を被っていましたが、おそらく彼・・・。

Pa0_0060 ユニオンのエースパイロット、グラハム上級大尉!(写真は食玩GUNDAM00 PORTRAITSです。グラハムはかなり出来がいい)戦争に美学を求めた人です。ファンも多いでしょうね。イケメンでパイロットしての能力も高く、セリフがイカス。ただ、刹那にはその思想をダメ出しされてしまいますが。法治国家で人を殺せば罪に問われるが、戦争で人を殺せば英雄になれる・・・その矛盾の中に存在する人です。グラハムのこれからの動きに期待です。

ファーストシーズンの主人公機は「エクシア」でしたが、セカンドでは「00(ダブルオー)ガンダムとなります。で、悩んでるのが・・・

Pa0_0059 「ガンプラEXPO名古屋」で購入したEXPO限定「HGガンダムエクシア」

Pa0_0058中身・・・作ってないんです。今更な感じでしょう?作っても。先ほど紹介した 「GUNDAM00 PORTRAITS」のグラハムの出来がいいので、フラッグカスタムの1/100は買って作りたい気もしますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「それいけ!アンパンマン 夢猫の国のニャニィ」

毎年公開されるアンパンマンの映画。その中でも私が最高傑作とする「夢猫の国のニャニィ」が今朝キッズステーションで放送されました。これは泣きます!大人の方にこそオススメな作品ですね。

キッズステーションでは毎週末の朝にアンパンマンの映画やテレビスペシャルなんかを放送しています。私も多くの作品を見てきましたが、アンパンマンの映画のストーリーはある程度パターンがあります。映画用に作られた主人公キャラクターは性格に問題があり、それは「勇気がない」「ワガママである」「自分に自信がない」「なまけものである」などの子供なら誰でも(大人でもですね)少しは持っている問題です。そのキャラクターがアンパンマンや仲間たち、ジャムおじさんなどに触れることで成長し、問題を解決していく・・・そういった軸がアンパンマンの映画シリーズの特徴です。

ただ、この「夢猫の国のニャニィ」だけは例外なんです。この作品の主人公ニャニィは最初は赤ちゃんで、ストーリーを追うごとに成長はしますが、それがこの映画のメインではありません。この作品で大きく成長するのはTVシリーズでもおなじみのキャラクターのメロンパンナちゃんです。雅山関が大好きな、あのメロンパンナちゃんです。

赤ちゃんだったニャニィの「ママ」としてメロンパンナは大事に世話をします。しかしある朝、ニャニィは夢猫の国にしか生えない「ねむねむの木の実」を食べないと光の粒になって消えてしまう」とジャムおじさんから聞かされメロンパンナはショックを受けます。しかもその期限は今夜・・・。みんなで夢猫の国に行くと約束したメロンパンナですが、その約束を破り、姉であるロールパンナとニャニィと3人で暗闇谷で暮らそうと抜け出してしまいます。

しかし、姉のロールパンナがメロンパンナを諭します。

「一緒にいなくても心は一緒にいられる。私もメロンパンナと離れていても、ここ(胸)にいるからさみしくない」

「この世に生まれてくる者は皆、何か役目を持っている。私はまだ自分の役目が分からない・・・でもニャニィにはきっと夢猫の国に大切な役目があるんだ。その役目を果たすことがニャニィの幸せだ」

いいこと言うねぇロールパンナ!

ロールパンナの言葉を聞き、ジャムおじさんに「ニャニィのママになって、幸せにしてあげるんだよ」と言われたことを思い出したメロンパンナは改心し夢猫の国へ急ぎます。

多くの困難を乗り切ったアンパンマンたちとメロンパンナは夢猫の国のお姫様だったニャニィと最後の別れをします。そのシーンが最高なんですよ!皆さん、見てくださいよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壮大な展開になってきました。無限の住人!アニメ化もしました!

今日買ったコミックです。発売から2~3ヶ月経ってしまってますが・・・。

無限の住人 23 (23) (アフタヌーンKC)

買ったきっかけ:
全巻そろえている唯一のコミックです。続きが気になる面白い作品なので、マストで買います。

感想:
暗いシーンが序盤ありましたが、中盤はばったばたと斬殺シーンの連続!逸刀流好きにはたまらないです。終盤からラストは次巻が大いに気になる展開で終了。話の展開は遅かったですが、非常に読みごたえがありました。

おすすめポイント:
非常に動きのあり、構図も斬新で美しい作品です。コミカルなシーンもあり、飽きさせません。

無限の住人 23 (23) (アフタヌーンKC)

著者:沙村 広明

無限の住人 23 (23) (アフタヌーンKC)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンダム00の放送時間

先日~「機動戦士ガンダム00」セカンドシーズンの放送開始を10月5日からと書きましたが、自分で書いておきながら「それって日曜日やん」と思い公式で再確認しましたが、やはり日曜日ですね。ファーストシーズンは土曜の18時からでした。現在放送中の「コードギアス 反逆のルルーシュR2」からアニメの時間帯の変更があったみたいですね。以前のタイムテーブル、これは私にとって迷惑な時間でありまして、何故かと申しますとNHK教育で放送されていた「アニメ メジャー」の放送と重なっていたからです!くだらない理由です。結局「メジャー」はHDDレコーダーで「00」をPCで「メジャー」を録画し、mp4に変換してPSPに入れて仕事の昼休みなんかに見ていました。メジャーは2009年1月から第5シリーズが始まります。当然「00」と重なってくることになるので、この時間の変更はうれしいですね。手間が省けるので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)