« 収穫のよろこび2009その2 | トップページ | 収穫の喜び2009その3 »

愛車のシガーソケットから電源が取れなくなる!を解決

我が愛車のシガーソケットにつけてあるFMトランスミッターが走行中いきなりストップ。元々動作が不安定だったんで「ついに逝ってしまったか」と思い、以前使っていたカセットアダプターをiPodにつなげました。これまたステレオミニジャック部分の接触がいまいちなんですが・・・。で、今日、同じくシガーソケットにつなげてあるレーダー探知機に充電できていないことが発覚。これまた「逝ってしまったか」と思い、取り外しました。

それで、空いたシガーソケットに携帯の充電器を接続。しかしこれもまた動作しません。これもまた「逝ってしまったか」とはさすがに思うほどお馬鹿ではありません。コンソールの2つとラゲッジの1つの計3つのシガーソケット全てが通電していないことが発覚。「ヒューズが逝ってしまったか」と思い、ステアリングの下部のヒューズボックスのヒューズをひとつひとつ点検。Ca3a0095

我が愛車PTクルーザーのヒューズボックスです。ナビとETCはここから電源を取ってます。あまりオススメはできません・・・。ひとつひとつ向きを確認しながらの作業です。8番が空いているのが妙に気になる・・・。一体何のためなのか・・・。カバーにはちゃんと説明があるのに。全て異常なし。これはピンチ!で、 仕方がないのでボンネットをあけます。

Ca3a0097

バッテリーはカバーで覆われております。右側の引っかけを外しカバーをどけるとヒューズが出てきます。ほこりが多く指が汚れてしまいますな。感電には気をつけましょう。後、外したヒューズをエンジンルーム内に落とすのだけは避けたいですね。これは致命的。

Ca3a0096

結果、手前の列の左から2番目(空きは数えず、ついている物の2番目)のヒューズが焼けて切れておりました。答えが見つかると、ホッとしますよね・・・。シガーソケットの通電はこの20Aのヒューズと覚えておきましょう・・・。FMトランスミッターの異常が原因かな・・・。

無事に治(直)りました。一安心。ヒューズを外すときはバッテリーのマイナス端子を外しましょう。私は外しませんでしたが!

|

« 収穫のよろこび2009その2 | トップページ | 収穫の喜び2009その3 »

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛車のシガーソケットから電源が取れなくなる!を解決:

« 収穫のよろこび2009その2 | トップページ | 収穫の喜び2009その3 »